AZUMATECHNICA | アズマテクニカ株式会社【会社案内・理念】

会社案内・理念

会社案内

社名 アズマテクニカ株式会社
代表取締役 中澤 真
所在地 宮城県加美郡加美町菜切谷字青木原28番地137
電話番号 0229-25-5744
資本金 300万円
建設業許可 宮城県知事許可(般-29)第21192号
【所有重機】 重機0.4 2台 4tトラック 3台 ミニ重機 2台
【収集運搬】 自社所有なし 庄司興業委託契約済み
【所有】 産業廃棄物置き場兼事務所土地:800坪所有
【関連銀行】 七十七銀行・杜の都信用金庫
【労働災害保険】 加入
  他 労災及び事業関連保険 AIU保険 加入
【社会保険】 加入 7010104
【雇用保険】 加入
【従業員】 15名
【一般健康診断(採血含む)】 8名受診
【石綿健康診断】 1名受診
【電離健康診断(放射能用)】 7名受診
【放射線管理手帳】 2名所持
【取得 特別講習・資格・免許】 2級土木施工管理技士 1名
ガス溶接 1名
小型移動式クレーン 5名
高所作業車10m以上 1名
玉掛技能 3名
車輌系建設機械運転(整地・運搬・積込・掘削)4名
車輌系建設機械運転(解体用) 2名
コンクリート造の工作物の解体等作業主任者 1名
石綿作業主任者 1名
ガス溶接 1名
職⻑・安全衛生責任者 3名
除染等業務特別教育 1名
足場組立て等特別教育 1名
除染等業務作業指揮者 1名
釘打ち機取扱従事者 1名
建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者 1名
自動車普通中型免許 5名
資格随時取得予定
従業員 15名

2017年2月に設立した弊社は、建設業の総合解体業という種目で専門性を社会に貢献できるよう設立しました。
もともと3K(危険、汚い、きつい)の代表と言われ、あまりイメージの良くない業種ではありましたが、昨今のニュースやメディアで技術の未熟な建設業者による事故や事件により解体業のイメージが低下しています。
宮城県では震災以降、たくさんの業種から人が集まり、震災の過酷な環境の中、とてもたくさんの方にご尽力いただきました。
ですが、たくさんの業種が集まる中たくさんの問題もありました。
「解体業をしたことがないのに解体業に参入できてしまう」そんな業種と考えられてしまうのが、私は心から納得いきませんでした。
先日、法改正により【1施行日時点でとび・土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は、引き続き3年間(平成31年5月31日まで)は 解体工事業の許可を受けずに解体工事を施工することが可能。
(平成31年6月1日以降は、解体工事業の許可が必要)】となりました。
これをもとに誰でも解体業ができるということはなくなるだろうと思います。
そのため私たちは20年以上の解体業の専門性(職人含めると45年以上)を生かし、科学的合理主義と道徳に基づく進歩と発展を図り、社業の発展を通じて社会に貢献していきます。
今後も「現場第一主義」を徹底し、お客様に解体によるよりよい未来を提供いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

アズマテクニカとは

アズマテクニカ株式会社は
土木工事、スクラップ業、
解体工事内容、高層物ビル解体など、
工事全般を請け負う、
解体建造物解体のプロフェッショナル企業です。

 

経営理念

100年後の未来を考え、
自然環境を守る解体業、
動植物や未来の子供たちに
悪い影響を及ぼさない解体業、
主業員、お客様、関わるすべての方々に
愛される解体業を行うこと。

100年後の未来のためとは

100年後の環境はどうなっているだろう。
100年後の子供たちに何が残せるだろうか。
私たちは何を今するべきなのだろうか。

解体業に関わらず、長く続く美しい景色を私たちは守り、存続させていく役割があると思います。
私たちの仕事が解体業でなくとも、信念変わらず、100年後の環境を守る活動の一環として事業営んでいきます。
未来のより良い環境を作ること

それは
環境を害する行動はしないこと
人や動植物に害のあるものを排出しないこと
人や動植物の社会に悪影響があるものは減らす活動をすること
助け合い、自分たちの技術・経験・知識を社会に貢献するよう行動すること。

適正に解体し、
適正に排出し、
適正に運搬し、
適正に処分することも循環化社会の中でとても大切なことなので、
適正に作業を行うことも100年後の未来のためには重要なことです。

そして 日々考え、日々模索し、日々改善していくこと。

100年後の未来のために

ページ最上部へ